2016年02月25日

女性と出会う機会、知り合う経験を積むには効率的な手段

あなたは、女性との出会いに関して、何かしらの不満があるんだと思います。
その不満を解決する方法を今からお話しします。
僕がまだ学生だった時、いつも違う美女を連れ歩いている男友達がいました。

不思議なことに、彼は、背の小さい、ヒョロっとした、
サルみたいな顔をした、一般的にはどう見てもモテそうもない男性です。

当時の僕が、彼に
「出会いが無い」っていうと、彼はとても不思議そうな顔をして、言いました。

「なぜ? 相沢君は、大学にも行っているしサークルも、
アルバイトもしているじゃない? いい女、いるでしょ?」と。
当時の僕は、男女比でいったら、女性が6割以上をしめる文系の大学に通っていました。

アルバイトもサークルも、女性が集まるものをわざわざ選んだので、女性の比率は9割です。




それでも僕は、本気で、「出会いが無い」って思っていました。

学校でも、サークルでも、アルバイト先でも、可愛い女は、山ほどいたのに…

「同じ学校で手を出すと、別れた時にめんどうだから…」
「同じサークルで、失敗したら、すぐに周りのウワサになっちゃうから…」
「同じバイト先で、気まずくなったら、仕事を続けられなくなるから…」


どんなに恵まれても、この繰り返しです。

一方でその友人は、当時、フリーターでした。

工事現場なので、周囲はオッサンばかりです。

でも、出会いにあふれていました。
「いつもどうやって、そんなに知り合うの?」

って聞けば、帰ってくる答えは決まっています。

「街にいくらでもいるじゃない」と。

僕が、「モテるね」っていったら、

「モテないよ(笑)
 昔、合コンとか行ってたけれども、全然ダメだったし。
 でも今は、オレ自身は本当に普通なんだけれども、幸運なことに、道を歩いている美女に対して、声をかけられる男って、実際は少ないじゃない。

 そういう、競争相手が少ない状態で、ナンパという手法でもって、
いくらでも口説きたい女にアプローチできるからさ、結果的に、モテてるように見えるだけだよ^^」
と言っていました。

女性と出会う機会という点においても、
女性と接する経験を積むという点においても、最も効率的な手段だと思いました。




6割~9割が女性という環境にいながらも、
・出会いが無い
と本気で信じていた僕。
女性が0人の職場と自宅を行き来するだけの毎日なのに、

・出会いにあふれている

という世界を生きていた、僕の友人。

毎日が出会いにあふれているから、美人が怖くないし、失敗も怖くない。
「次は誰を口説こうかな」
って、ワクワクしながらLINEや携帯電話のアドレス帳を眺める毎日。
ステージが違うんです。

職場とか、学校やサークルなんかで、10人に1人くらいしかいない、
競争倍率のめちゃくちゃ高い美女を、

・失敗したら、ウワサになったり、
・仕事がやりにくくなったり、
・白い目でみられたりしないだろうか…


なんて、ビクビクしながら、イケメンの、強力なライバルと戦うのではなくて、

なんのしがらみもない状態で、

ライバル不在のまま、あなたが、「誰を口説くかを選ぶ」という思考。

ここが人生の分岐点だと考えたとき、あなたは、どちらの道を歩きたいですか?

ルートA → 「すれ違うだけの人生」
ルートB → 「すれ違いを出会いに変えられる人生」





社会人が女性と出会う方法 女性と知り合うには
posted by 社会人女性と出会う at 05:01| 女性と出会う方法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。